02.チャットツール連携

ChatWorkを使用する場合

1.通知bot用にユーザーを新規追加する

受付完了時、通知botよりChatWorkへ来客通知を行います。ChatWorkの管理者は通知bot用ユーザーを新規作成してください。

ユーザーの新規追加は管理者権限のあるユーザーのみ行うことができます。詳細はChatworkのサポートページをご確認ください。
 参考:ユーザーを追加する

※ユーザー名、メールアドレス、使用言語は任意のものを設定してください。

2.【任意】通知ルームを新規作成

来客通知を行うためのグループチャットを新規で作成します。
※既存のグループチャットにて通知を行う場合はこのステップを省略して問題ありません。

① ChatWork左上の「+」をクリックし「グループチャットを新規作成」を選択してください
② グループチャットの設定を行います

チャット名やグループアイコン、概要などは任意のものを設定してください。
グループを作成する際、通知を行いたいユーザーをメンバーとして招待してください。

3.通知ルームに通知botユーザーを招待します
① 通知ルームに通知botユーザーを招待します

2.【任意】通知ルームを新規作成」で作成したグループチャット、もしくは来客通知用の既存のグループチャットに通知botユーザーを招待してください。
通知ルームに通知botユーザーが招待されていない場合、通知が届きません。

② 通知ルームに来客通知を受け取る社員アカウントを任意で追加します

来客通知を受け取るためには社員アカウントを通知ルームに参加させる必要があります。
任意の社員アカウントをグループに参加させてください。

4. 通知botユーザーのAPIトークンを取得する

受付コンテンツからChatWorkに来客通知を行うため、上記で作成した通知用ユーザーのAPIトークンを取得します。
下記の手順に従ってAPIトークンを取得してください。

● Chatwork API利用権限がないユーザーの場合
① サービス連携からAPI利用申請を行います

通知botユーザーでChatWorkへログインして、右上のユーザーアイコンから「サービス連携」をクリックします。

左のメニューから「API」>「API Token」を選択すると「API利用申請」というページが開きますので、「API利用申請」をクリックし、管理者ユーザーの承認を待ってください。

② APIトークンを取得します

承認が完了したら「Chatwork API利用が可能なユーザーの場合」の手順に従い、APIトークンを取得してください。

● Chatwork API利用権限がないユーザーの場合
① サービス連携からAPI利用申請を行います

通知botユーザーでChatWorkへログインして、右上のユーザーアイコンから「サービス連携」をクリックします。

② API Tokenにログインパスワードを入力します

左のメニューから「API」>「API Token」を開き、入力フォームにChatworkのログインパスワードを入力し表示をクリックします。

③ API Tokenを取得します

画面に表示されたAPIトークンをコピーします。

以上で、ChatWorkの設定は終了です。
「03.インストール」へ進んでください。

Slackを使用する場合

1.通知用チャンネルを作成(任意)

来客通知を行うためのチャンネルを新規で作成します。
※既存のグループチャットにて通知を行う場合はこのステップを省略して問題ありません。

① Slack左側の「▼チャンネル」にカーソルを合わせ、「+」をクリックし「チャンネルを作成する」を選択してください

チャンネル名や説明などは任意のものを設定してください。
チャンネルを作成する際、通知を行いたいユーザーをメンバーとして追加してください。

2.Slackに来客通知のカスタムボットを登録する

「Incoming Webhook」を利用して、FaceLinkの来客通知のカスタムボットを登録します。
以下の方法に従って「Incoming Webhook」を登録してください。

① Slack左側の「▼App」にカーソルを合わせ、「+」をクリックします
② 検索バーに「Incoming Webhook」と入力し、「追加」をクリックします
③ 「Incoming Webhook」のSlack連携の設定が別タブで開くので、「Slackに追加」をクリックします
④ 「チャンネルへの投稿」の設定で通知を行う部屋を選択し、「Incoming Webhook インテグレーションの追加」を選択します

インテグレーションの追加が完了し、設定の編集画面が開くので、「説明ラベル」、「名前」、「アイコン」などを任意のものに設定し、「設定を保存」します。
※「Webhook URL」は後ほど初期設定.CSVに入力するため、控えておいてください。

以上で、Slackの設定は終了です。
「03.インストール」へ進んでください。
前の記事 01.PC設定
次の記事 03.インストール
記事
PAGE TOP
MENU